二次会の景品に無難な日用雑貨

会社で

年末になると、企業で忘年会を開くところも多いです。
忘年会を開くことで、1年の労をねぎらうという意味合いもありますが、
従業員同士のコミュニケーションを円滑にするためにも必要なことです。

またそのあとの二次会では、ただ飲み会を開くだけでなく
ビンゴゲームなどをやって景品を用意する会社も多いですが、
その景品はなんでもいいというものではありません。

つい奇をねらったものを用意して、その場は盛り上がったけれど、
もらった人はどうしていいかわからないとか
使い道がないというものになりがちです。

結局家に放置したままずっとあるということになりがちです。
もらった人の気持ちを考えると、生活の中で使える日用雑貨をもらったほうが、
現実として、とてもうれしいという声があるのは事実です。

よろこばれたい

とくにティッシュやトイレットペーパーや石鹸などは、日常でも必ず使うものですし、
多少好みでないものをもらったとしても、そのときに使い切ってしまえば
いいのだと割り切って使う可能性は多いので、結局のところはそのような
日用雑貨のほうがありがたいのです。

つい二次会の幹事になると、景品でも場を盛り上げることにばかり
気がいきすぎですが、すこし冷静に考えるといいでしょう。

そのためにも独身の人はなにが必要なものなのかピンとこないという
人もいるので、二次会の景品を考えるうえで、職場の主婦の人や
女性に話を聞きながら決めていくといいでしょう。

景品がよければ、忘年会は毎年盛り上がりますから、
しっかりきめていくといいでしょう。

男性に喜ばれる二次会の景品

二次会でゲームをやる時に欠かせないアイテムと言えば景品ですが、
選び方を失敗すると、せっかくゲームで盛り上がっても、
最後に失速して、微妙な雰囲気で終わってしまうものです。

もらって嬉しくなる

そういったことにならないようにするためには、二次会の参加者に
どういった人たちが多いのか、と言う部分に着目して、
喜んでもらえそうな景品を選ぶようにすると良いものです。

例えば、男性が多い場合には、鼻毛カッターを
用意してみるのも手です。

自分で買うのが恥ずかしいと言う人もいるでしょうから、
そういう人なら、もらって喜ぶことでしょう。

また、ヌードルメーカーやコーヒーメーカー、ホットサンドメーカーなど
手軽に使えるような食に関するアイテムと言うのもなかなか良いものです。

よろこんでもらうには

こういった簡単操作で手軽に使えるようなアイテムであれば
料理が嫌いな人や苦手な人でも取っ掛かりやすくて、
これを機に色々と食の幅を広げることを考えると言う
可能性もあり、面白味があるものです

女性に喜ばれる二次会の景品

みんなが喜んでくれる

二次会の景品で参加女性に喜ばれる景品と言えば、
自分では敢えて買わないけども貰って嬉しい物です。

二次会の景品には予算がそれぞれ異なりますが、1位や3位までの
豪華なケースだと1万円前後、ほどほどだと3千円で
納める事が多いです。

万人ウケするもので言えば、テーマパークや温泉などの
施設の招待券だと喜ぶ人が多いですが、女性の場合、
一人では行かない人が多いのでペアチケットとして
用意すればなお喜ぶでしょう。

豪華な贈り物

その他に1万円前後で用意するのであれば、プチ美容家電で
コンパクトで持ち運びが出来るもの、セカンド利用できる物は
なかなか持っていない事も多いので、自宅の物と
重なる心配も少ないでしょう。

スチーマーにおいても大型の物は一台持っている事もあるので、
持ち運び可能なコンパクトなスチーマー、空気清浄器等が良いでしょう。

予算を少し下げて3千円程度にするのであれば、よくプレゼントとして
好まれる有名ブランドのハンドクリームやボディクリームも良いでしょう。

カフェ好きな人も女性では多いので、カフェの珈琲チケット等も喜ばれやすいです。

二次会の景品を男女別で用意したいなら

二次会の景品を男女別で用意したいならば、それぞれの
参加者人数を事前に把握しておく必要があります。

その上でどちらでも対応できる景品もいくつか
用意しておく事で、急な参加者変更にも対応できるでしょう。

二次会の景品で貰って嬉しい物は男女ともに志向が異なります。
特に女性は「お洒落」で「敢えて買わないけども
貰って嬉しい贅沢品」がキーワードです。

おしゃれな感じ

ブランド物のコスメや化粧品、クッキーと紅茶セット等、
普段の生活でワンランク上の贅沢が出来るアイテムが人気です。

一方で男性は実用品を求める志向があります。
欲しい物はほとんど自分で購入している為、
ボールペンなどの消耗品でも喜ばれます。

最近では甘党男子も増えているのでお菓子や
スイーツなどの食べて消費できるものも人気です。

そして男女問わずに不動の人気なのはギフト券などの金券類でしょう。

うれしい贈り物

金券類を少し用意しておく事で参加者の変動にも対応できます。
それぞれ男女別に1等から末賞まで用意しておく事で
当選順に豪華賞品を貰える仕組みにすれば
男女別に渡す事が出来るでしょう。