二次会の景品でおすすめギフトは

たくさん準備する

二次会の景品は、その商品の質や金額の設定が難しくたいていの幹事は悩むものです。
たとえば新郎新婦のゆかりのものを色濃く出し過ぎた景品にすると、会としての趣旨は単なる新郎新婦の自己満足になりますし、あまりにもセンスのないものだと会のそのものが思い出に残らず台無しです。

二次会は披露宴とは違い有志の会なので、なるべく手軽なものがいいです。そんなときにおすすめギフトは、カタログギフトです。

カタログギフトは商品が豊富に選べるところが良く、いまでは個性あるカタログギフトたとえばクルージングツアーや温泉巡りなどもあり意外に面白いものもあるので幹事のセンスを問われることなく、むしろユーモアに解されることが多いです。

手軽に

また貰うほうも自分で購入するにはどうかと商品を選べてかつ景品として持ち帰ることにも手間がないです。
あえて商品の選択を貰った方にゆだねたほうがいいこともあるのでこのギフトは迷ったらおすすめするギフトです。