女性に喜ばれる二次会の景品

みんなが喜んでくれる

二次会の景品で参加女性に喜ばれる景品と言えば、
自分では敢えて買わないけども貰って嬉しい物です。

二次会の景品には予算がそれぞれ異なりますが、1位や3位までの
豪華なケースだと1万円前後、ほどほどだと3千円で
納める事が多いです。

万人ウケするもので言えば、テーマパークや温泉などの
施設の招待券だと喜ぶ人が多いですが、女性の場合、
一人では行かない人が多いのでペアチケットとして
用意すればなお喜ぶでしょう。

豪華な贈り物

その他に1万円前後で用意するのであれば、プチ美容家電で
コンパクトで持ち運びが出来るもの、セカンド利用できる物は
なかなか持っていない事も多いので、自宅の物と
重なる心配も少ないでしょう。

スチーマーにおいても大型の物は一台持っている事もあるので、
持ち運び可能なコンパクトなスチーマー、空気清浄器等が良いでしょう。

予算を少し下げて3千円程度にするのであれば、よくプレゼントとして
好まれる有名ブランドのハンドクリームやボディクリームも良いでしょう。

カフェ好きな人も女性では多いので、カフェの珈琲チケット等も喜ばれやすいです。

バラエティショップで二次会景品を選ぶコツ

イベントやパーティーが終わると、そのまま二次会へ、という
流れが多いですよね。

カジュアルに二次会だけ参加したい、という方もいらっしゃいます。

二次会ではよく、ビンゴなどのゲームが行われ、
数人に景品が渡されることが多いです。

高く見えるもの

二次会景品を用意する側は悩むことが多いですが、
さまざまなものが売っているバラエティショップでも
選ぶことができます。

まず、バラエティショップであっても安すぎない、
見た目にも高い値段に見えるものを選ぶと良いです。

楽しく見えるもの

かわいいクッキーを選ぶとしても、かわいくアイシングされたものや、
イベントの趣旨に合っているアイシングデザインがされたものなどを
選ぶと楽しく見えます。

また、男性に当たってもいいように、化粧品であれば男女どちらでも
使えたり、雑貨であればシンプルなものを選ぶと良いでしょう。

バラエティショップで二次会景品を選ぶ時には、高く見えるもの、
男女ともに使えるもの、を選ぶのがコツになります。

二次会の景品に無難な日用雑貨

会社で

年末になると、企業で忘年会を開くところも多いです。
忘年会を開くことで、1年の労をねぎらうという意味合いもありますが、
従業員同士のコミュニケーションを円滑にするためにも必要なことです。

またそのあとの二次会では、ただ飲み会を開くだけでなく
ビンゴゲームなどをやって景品を用意する会社も多いですが、
その景品はなんでもいいというものではありません。

つい奇をねらったものを用意して、その場は盛り上がったけれど、
もらった人はどうしていいかわからないとか
使い道がないというものになりがちです。

結局家に放置したままずっとあるということになりがちです。
もらった人の気持ちを考えると、生活の中で使える日用雑貨をもらったほうが、
現実として、とてもうれしいという声があるのは事実です。

よろこばれたい

とくにティッシュやトイレットペーパーや石鹸などは、日常でも必ず使うものですし、
多少好みでないものをもらったとしても、そのときに使い切ってしまえば
いいのだと割り切って使う可能性は多いので、結局のところはそのような
日用雑貨のほうがありがたいのです。

つい二次会の幹事になると、景品でも場を盛り上げることにばかり
気がいきすぎですが、すこし冷静に考えるといいでしょう。

そのためにも独身の人はなにが必要なものなのかピンとこないという
人もいるので、二次会の景品を考えるうえで、職場の主婦の人や
女性に話を聞きながら決めていくといいでしょう。

景品がよければ、忘年会は毎年盛り上がりますから、
しっかりきめていくといいでしょう。